愛のことはもう仕方ない

3.73
  • (2)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 8
著者 :
hisakodaさん  未設定  読み終わった 

いやいやいや、おもしろかった。
枡野さんのことは以前から気になっていて、Twitterとか雑誌で見るたびおもしろいと思っていたけど、ちゃんと本を買ったことがなかったから、先日紀伊国屋で買ってみた。
あえてエッセーと言うけど、こんなにおもしろいエッセー初めてと思いながら読んだつもりだったんだけど。

きょう小学校のそばを歩いたら、ちょうど休み時間で、子どもたちが校庭いっぱい遊んでいたんです。
そしたらふと、枡野さんは愛息が物心つかないうちに生き別れ、15年以上会えていないことを思い出し、泣きそうになりました。
子どもと会えない、成長が見られないって、どんなに寂しいことでしょう。

でも、他方、少し気になったのが、枡野さんの結婚生活は、前妻とその連れ子と枡野さんと愛息。
物心ついていなかった愛息とはそんなに狂おしいまでに会いたいのに、連れ子ちゃんのことは1回しか登場しなかったんですよね。連れ子ちゃんは愛息より何歳か上と書いてあったから、そのくらいの子どもとの思い出もたくさんあるだろうに、そこはやはり血縁なのだろうか・・・。

レビュー投稿日
2019年1月24日
読了日
2019年1月24日
本棚登録日
2019年1月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『愛のことはもう仕方ない』のレビューをもっとみる

『愛のことはもう仕方ない』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする