坂本龍馬とその時代 (読みなおす日本史)

著者 :
  • 吉川弘文館 (2022年2月14日発売)
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
2

小説のように龍馬に肩入れした筆致で、割り引いて読まねばならない点が惜しい。薩土の提携における龍馬の役割に丁寧にスポットを当てているのが特徴的。内憂外患による幕府の限界が、雄藩はもちろん徳川家自身にも自覚され、次の政体を模索していた経緯は、今日の日本国のあり方にすら通じる。船中八策は今日疑わしいとされるが、龍馬から離れて、また他書で読んでみたいテーマに思った。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史
感想投稿日 : 2022年3月30日
読了日 : 2022年3月30日
本棚登録日 : 2022年3月30日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする