戦後の音楽――芸術音楽のポリティクスとポエティクス

著者 :
  • 作品社 (2010年10月30日発売)
3.75
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
感想 : 2

【選書者コメント】本書の特徴は、戦後の歌謡曲のみならず、映画音楽にも言及している点である。映画と音楽のタイアップは今に始まったことではない。
【請求記号】7600:920

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 学生選書ツアー2016(春)
感想投稿日 : 2016年7月1日
本棚登録日 : 2016年7月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする