ツバメのたび―5000キロのかなたから

3.96
  • (8)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 20
著者 :
hito-kotoさん    読み終わった 

鈴木まもる 著「ツバメのたび 5000キロのかなたから」、2009.2発行。5000キロも離れた東南アジアの国々(ベトナム、マレーシア、インドネシアなど)から日本にやってくるツバメたち。この絵本を読むと、これからは、渡り鳥を見ると、「よく来たな」と大歓迎したくなります。軒下いつでもどうぞと(^-^) 土(泥)と藁も準備します(^-^)

レビュー投稿日
2017年8月23日
読了日
2017年8月23日
本棚登録日
2017年8月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ツバメのたび―5000キロのかなたから』のレビューをもっとみる

『ツバメのたび―5000キロのかなたから』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする