蝶か蛾か

3.12
  • (1)
  • (6)
  • (24)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 47
レビュー : 12
著者 :
hito-kotoさん 小説   読み終わった 

芥川賞作家、大道珠貴さん「蝶か蛾か」、2006.12発行。蝶は羽を立てて止まり、蛾は羽を寝かせて止まりますね。蝶々は眠るときは葉っぱの裏で眠り、雨の日も裏側で雨宿りしてるそうです。さて、作品ですが、頭が少し弱い(ときどき、ばかになってしまう。でも病院に入院するほどでもない)猿飛満々子(ままこ)47歳を主人公とした物語です。昼間、隣の家のキャベツ畑でおしっこして、アリたちにおしっこひっかけるのを楽しみにしています。子供はお寺に嫁に行った娘と男が好きな大学院生の息子です。なんとなく読み進め、読後、意味不明な小説だということがわかりましたw。

レビュー投稿日
2019年9月24日
読了日
2019年9月24日
本棚登録日
2019年9月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『蝶か蛾か』のレビューをもっとみる

『蝶か蛾か』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする