誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握る「レジリエンス」とは何か?

4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 3
著者 :
hito-kotoさん 健康   読み終わった 

「人間の体は、放っておけばよくなるようにできている」<本当かっw?> 「気持ちが伴わない養生は、どんなにいい食事をし、運動を心がけても、効果は期待できない」<なるほど> 「病気を治すのは、医者でも薬でも治療法でもなく、それは患者自身(気持ちの強さ)」 新見正則 著「誰でもぴんぴん生きられる」、2014.10発行。「幸、不幸も気の持ちよう、病気を治すのも気の持ちよう」「病は気から」そのまま。大病でも治る人、名医にかかっても治らない人。病気のことは忘れること。そうは言っても、なかなか難しいですね!

レビュー投稿日
2019年3月24日
読了日
2019年3月24日
本棚登録日
2019年3月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握...』のレビューをもっとみる

『誰でもぴんぴん生きられる―健康のカギを握る「レジリエンス」とは何か?』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

新見正則の作品一覧

新見正則の作品ランキング・新刊情報

ツイートする