庭仕事の愉しみ

3.69
  • (19)
  • (20)
  • (45)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 271
レビュー : 24
制作 : フォルカー ミヒェルス  Hermann Hesse  Volker Michels  岡田 朝雄 
hito-kotoさん エッセイ   読み終わった 

ヘルマン・ヘッセ(1877~1962)(1946、ノーベル文学賞)の「庭仕事の愉しみ)、1996.6発行、訳は岡田朝雄氏です。ヘッセは後半生、執筆以外はほとんど庭で過ごしたそうです。ヘッセは庭に佇みつつ、観察し、考え、庭から自然と人生に関する沢山の真理を学んだそうです。この作品は、ヘッセの観察と考察の記です。ヘッセの写真、詩、水彩画・ペン画なども沢山添えられています。表紙の写真、ラフな作業服、麦藁帽子、丸いメガネ・・・、いい表情ですね(^-^)

レビュー投稿日
2016年5月2日
読了日
2016年5月2日
本棚登録日
2016年5月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『庭仕事の愉しみ』のレビューをもっとみる

『庭仕事の愉しみ』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする