声に出して読みたい日本語

3.42
  • (66)
  • (94)
  • (273)
  • (21)
  • (6)
本棚登録 : 1293
レビュー : 117
著者 :
hito-kotoさん 詩歌・短歌・川柳   読み終わった 

齋藤孝氏の「声に出して読みたい日本語」、2001.9発行です。子供の頃は国語や英語、音楽に限らずよく声に出して読み、歌い、暗唱したものでした。リズムやテンポのいいものは覚えやすいですね!76の名文が紹介されています。私が好きなのは、①まだあげ初めし前髪の~(初恋、島崎藤村)②春高楼の花の宴、めぐる盃かげさして~(荒城の月、土井晩翠)③不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし十五の心(石川啄木)④春はあけぼの。やうやうしろくなり行く~(枕草子、清少納言)などです(^-^)

レビュー投稿日
2016年8月13日
読了日
2016年8月13日
本棚登録日
2016年8月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『声に出して読みたい日本語』のレビューをもっとみる

『声に出して読みたい日本語』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする