ロバータさあ歩きましょう (1977年) (偕成社文庫)

5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
著者 :
制作 : ささめや ゆき 
hito-kotoさん ノンフィクション   読み終わった 

益田ミリさんが、電車で盲導犬が主人の足元でじっとしてるのを見て「私はこんなにひとのために頑張ったことはない」という趣旨のことを言っておられたのを思い出しました。高校3年で緑内障になり失明した童話作家、佐々木たづさん(1932.6~1998.4)の「ロバータ さあ歩きましょう」(1977.5)を読みました。感動の涙です。1962年、英国に渡り、ラブラドール(20か月、メス)と対面、厳しい真剣な訓練を経て、空路21時間、ロンドンから羽田に。主人に対するロバータの姿に、ただ、私からも「有難う」の言葉です!

レビュー投稿日
2018年2月13日
読了日
2018年2月13日
本棚登録日
2018年2月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ロバータさあ歩きましょう (1977年)...』のレビューをもっとみる

『ロバータさあ歩きましょう (1977年) (偕成社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする