叫び声 (講談社文芸文庫)

著者 :
  • 講談社 (1990年3月5日発売)
3.63
  • (24)
  • (33)
  • (52)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 475
感想 : 44
4

再読。サルトルの引用文で始まるこの小説、行き場のない青年達の渇望と絶望の犇めきに押し潰されそうだ。ここではないどこかに行きたい。そう、なまじ渇望があるから絶望も比例する。内なる自己の叫び声を聞いてしまった時、最早逃げ場さえも失ってしまう。なんて苦しく悲しい結末。でも私はこの小説が大好きだ。一縷の望みすら断たれ破滅に向かうガラスの心の優しい青年達。叩け、叩き壊してやれ。誰もが健全に前向きに生きられるわけではない。当時の大江の苦しみそのままに生々しい鮮血が行間に滴る。これぞ真正の青春小説。この痛みを忘れるな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本文学
感想投稿日 : 2014年1月12日
読了日 : 2013年7月23日
本棚登録日 : 2014年1月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする