ニセ札つかいの手記 - 武田泰淳異色短篇集 (中公文庫)

4.00
  • (3)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 6
著者 :
hitomimimimimiさん 日本文学   読み終わった 

生誕百年、埋もれていた泰淳さんの異色短篇7作が文庫となり甦りました。レコードで例えればB面ベスト集、ザ・アウトサイド泰淳といった具合でしょうか。ユーモアとエスプリに富んだ7作全部が素敵、B級ドタバタ喜劇といった趣きの作品もあります。いちばんのお気に入りは「空間の犯罪」、ガスタンクと戯れるクライマックスの視覚的高揚と幻想感にドキドキ緊張しました。そして「女の部屋」の最後のあっけらかんとのびのびした女性の描写に、百合子さんへの愛情の切れ端を感じずにいられないのでした。

レビュー投稿日
2014年1月8日
読了日
2012年9月29日
本棚登録日
2014年1月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ニセ札つかいの手記 - 武田泰淳異色短篇...』のレビューをもっとみる

『ニセ札つかいの手記 - 武田泰淳異色短篇集 (中公文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ニセ札つかいの手記 - 武田泰淳異色短篇集 (中公文庫)』にhitomimimimimiさんがつけたタグ

ツイートする