冗談

3.82
  • (5)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 5
制作 : Milan Kundera  関根 日出男  中村 猛 
hitomimimimimiさん チェコ文学   読み終わった 

クンデラは大昔に『存在の~』を読んでいるはずなのに何も覚えていない。面白かったかつまんなかったかすら記憶にない。読書家方々の高評価と照合して、自分とは相性の悪い作家なのだろうと避けてきた。けれど気が向いたので読んでみたらえらい面白かった。人間の愚かさを笑いながら大きく包み込む著者の人間への愛情はヴォネガットと相通じるものを感じた。失ったものを取り戻すことはできない。忘却するしかないのだとしたら、最後まで悲しく鳴り響く音楽に、鎮魂歌でもいい、せめて名残りを惜しみながら包まれていたい。ぐっとくるラストだった。


どうして今まで避けてきたのかと惜しまれる面白さだったけれど、好きかどうかは女性の(ああなんと惨めで可哀想なヘレナ!)扱いがあまりに酷かったので保留。

レビュー投稿日
2016年2月13日
読了日
2016年2月13日
本棚登録日
2016年2月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冗談』のレビューをもっとみる

『冗談』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『冗談』にhitomimimimimiさんがつけたタグ

ツイートする