昭和元禄落語心中(5) (KCx)

4.16
  • (133)
  • (157)
  • (64)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1480
レビュー : 85
著者 :
hitsuiさん コミック   読み終わった 

菊比古と助六、みよ吉の三つ巴の過去編完結。今の八雲が何か深い業を背負っているように見えるのはこれらの因縁があったからか…それにしては辛すぎる。落語心中というタイトルの起因が少し明らかになったような。だからこそ与太郎の能天気な明るさが救い。裏表紙の短髪くんが与太郎だったのか!見かけも中身も逞しくなっててびっくり。今の八雲さんを救えるのは与太郎の天真爛漫さじゃないのかな。今後に期待!

レビュー投稿日
2014年6月3日
読了日
2014年5月31日
本棚登録日
2014年5月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『昭和元禄落語心中(5) (KCx)』のレビューをもっとみる

『昭和元禄落語心中(5) (KCx)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする