砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しいオメガ~ (二見書房 シャレード文庫)

4.14
  • (10)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 9
著者 :
hitsujimaruさん  未設定  未設定

海野先生のオメガバース、これは楽しみ!と思ってたら、なるほど、こう来たかー‼️と驚かされました。オメガバースも、書く方によってこうも違うとは。本当に面白い。出会った瞬間「運命」を確信し、その他のことは些細なこと、とばかりに猛攻を仕掛ける突撃隊長の受、泉生のパワーがとにかくすごい(笑)。そして今度は攻が第三次性徴が現れてなくてフェロモンも感じられず本当にDT。アラブの王子さまなのに!オメガバース世界じゃなかったらブイブイ言わせてそうなのに(笑)!だけどお話が進むとやっぱり海野先生らしいキャラ達の葛藤や純情さや考え方が出てきて、すごく良かったです(///∇///)はくす~

レビュー投稿日
2019年2月27日
本棚登録日
2019年2月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しい...』のレビューをもっとみる

『砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しいオメガ~ (二見書房 シャレード文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする