進撃の巨人(4) (講談社コミックス)

3.87
  • (365)
  • (507)
  • (409)
  • (53)
  • (10)
本棚登録 : 5369
レビュー : 234
著者 :
hitsumabushiさん  未設定  未設定

 あまり変わってないように見えて絵やコマ割りが着実に進化してる。4巻後半ぐらいからの進化っぷりが特に大きいと思う。ここぐらいからカクカクしてた人体ラインも変化してきて、頬に丸みが出て来てる。絵は上手くなってるけど線のガサガサ感は捨てず、小奇麗にならないところが好きだ。もしかして幸村誠みたいな絵柄目指してるのかなあと思う。1~3巻は漫画っぽいけど4巻以降から劇画っぽさを感じるし。今後の進化っぷりに期待。連載終わる頃か、進撃終わってか新作を発表する頃には超画力になってる予感がしてならない。
 「どうしてエレンは外の世界に行きたいと思ったの?→俺がこの世に生まれたからだ!」これがもうどうしてもニート批判に思えて仕方ない。壁は人生の障壁、壁の外は社会で、巨人は社会の荒波なんだと。そこで戦わずして現実逃避しながら生きるのは家畜以下だと。諌山氏もインタビューで以下のように言っている。「このマンガが伝えるのは、選択することがいいことだってこと。前向きでも後ろ向きでも、登場人物たちが選択することで状況が変わっている。一番ダメなのは、迷って決めきれないことだ」。実際諌山氏がニート批判するつもりでこの漫画描いてるかっていったら100%絶対命賭けてもあり得ないけど(笑)、この思想で言えばニートは批判するべき対象の人間なんだよねー。でもインタビューで「ファンタジーには現実を反映するべき」とか何とか言ってたから多少意識はしてるかもね。
 終盤で「今まで何のために訓練してきたんだ」的な語りがあったのも、学生が社会人になりたてで絶望してる感じを連想した。寓話的にも取れるシンプルな世界観が現実とリンクして考え易くなってるのも心を惹きつけられる理由だと思う。ただこういった初期設定だけで惹きつける、特に寓話的な感じのお話は、実力のない作家がやると本当に荒唐無稽で幼稚でしょうもない感じになるので諌山氏はやはり天才なんだと思う。なんかもう完全に信者になってしまった。

【閉鎖された世界から外へ出る系作品メモ】
ゲーム『FINAL FANTASY7』、アニメ『グレンラガン』、アニメ『少女革命ウテナ』、高畠エナガ『ZELBESTY』、高橋しん『きみのカケラ』

レビュー投稿日
2013年5月22日
本棚登録日
2013年5月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『進撃の巨人(4) (講談社コミックス)』のレビューをもっとみる

『進撃の巨人(4) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする