嘆きの美女

3.76
  • (98)
  • (236)
  • (154)
  • (27)
  • (5)
本棚登録 : 1174
レビュー : 208
著者 :
ねこにごはんさん 柚木麻子   読み終わった 

美女限定のお悩みサイト“嘆きの美女”を荒らすことに生きがいを感じていた耶居子。
オフ会を隠し撮りしてさらに陥れてやろうと目論むけれど
そこで事故に遭い、あろうことか美女たちと同居するはめに。
“嘆きの美女”の管理人ユリエは耶居子の小学校時代の同級生だった。
奇しくも耶居子はユリエに付きまとうストーカーを撃退した形で怪我を負ったのだった。そこにはサイトの常連である女性たちも同居していた。
美女たちと引きこもりで荒らし趣味でいわゆる不美人の耶居子。
全くの対極に立ち、接点がないような人間との同居という設定が面白くサクサク読んだけど 
なんだかだんだんと話が出来過ぎのように感じ始めた。
ストーカーとの事件のところで終わっといたらまだ良かったのに 最後の耶居子のごはん日記は必要かなー?
耶居子の初恋を淡く描いた形になっているからほのぼのとしてしまう感はあるんだけど うーん。。。ちょっと辛口でしょうか?^^;
でも美人ならではのお悩みにもなるほど!と思ったし
女子たちの心模様はとても良く描かれていたと思う。
柚木さんお初だったけど読みやすい。

レビュー投稿日
2013年2月3日
読了日
2013年2月3日
本棚登録日
2013年2月3日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『嘆きの美女』のレビューをもっとみる

『嘆きの美女』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『嘆きの美女』にねこにごはんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする