開発援助の社会学 (SEKAISHISO SEMINAR)

3.96
  • (10)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 8
著者 :
hiyusuke9さん 社会   読み終わった 

【新しい開発援助論】
これまでの開発援助の本では、理論を数字で並べ、そこに成功事例を持ってくるだけのものが多かった。しかし、本書は最後まで開発援助には、良い効果と悪い効果が表裏一体であることを記述している。いい意味で、開発援助の難しさをやんわりと教えてくれるし、悪い意味で、「じゃあ結局何がいいんだろう?」と悩ませる一冊である。

レビュー投稿日
2012年8月16日
読了日
2012年8月16日
本棚登録日
2012年8月16日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『開発援助の社会学 (SEKAISHISO...』のレビューをもっとみる

『開発援助の社会学 (SEKAISHISO SEMINAR)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『開発援助の社会学 (SEKAISHISO SEMINAR)』にhiyusuke9さんがつけたタグ

ツイートする