My Very First Book of Animal Sounds (My Very First Book Of...)

著者 :
  • Philomel Books (2007年1月18日発売)
3.43
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 12
感想 : 1
3

外国語活動に使ってほしいと頂いた贈り物。思い出の詰まった本だから、大切にしているけれど、低学年向きで活用する機会がほとんどない。私が結婚して、子どもが出来たらとも思うけれど、そういうのも難しい。本の贈り物というのは、カッコイイようで、迷惑でもある。いかなる場合でも、自分が読む本くらい、自分で選ぶ自由は必要だ。そういうのはお節介。糸井重里さんの生き方を見てても、同じことを感じる。心が病んでるときは、お節介を嬉しいと感じる時もあるけれど、それは病んでるからです。まあまあいい絵本です。イラストの色使いが美しいです。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 絵本
感想投稿日 : 2020年3月28日
読了日 : 2020年3月28日
本棚登録日 : 2020年3月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする