新装版 えをかく (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社 (2003年3月25日発売)
3.65
  • (10)
  • (13)
  • (21)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 159
感想 : 17
4

子どもの美術(佐藤忠良、彫刻家)

図画工作の時間は、じょうずに絵を描いたり
ものを作ったりするのがめあてではありません。
じょうずに描こうとするよりも見たり考えたりしたことを、
自分で感じたとおりに描いたり作ったりすることが大切です。
真剣に絵を描き、ものを作り続けていると
じょうずになるだけでなく、人としての感じ方も育ちます。
この繰り返しの中で、自然の大きさがわかり、
どんな人にならなければならないかがわかってきます。
これがめあてです。


佐藤忠良さんの言葉を借りて、この絵本のレビューとする。
読み終えたとき、子供たちがすぅーーと動き出す、
あの感覚が大好きです。

でも、私の絵の指導は、かなりスパルタかもしれない。
伊藤若冲なみのこだわりがあります。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 絵本
感想投稿日 : 2019年8月27日
読了日 : 2019年8月27日
本棚登録日 : 2019年8月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする