私の1960年代

4.09
  • (15)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 150
レビュー : 18
著者 :
hkyoshoさん  未設定  読み終わった 

元東大全共闘代表の山本義隆氏が、1960年代の闘争と、それが現代社会や過去とどうつながっているのか科学技術を通して語っている。戦時下に富国強兵を目的として、国策で科学に力を入れた。戦後は元海軍らを中心にその科学技術を持って、富国強兵から経済成長へすり換わっただけで、根っこの思想は同じと断じる。山本は「かつての侵略戦争にたいするいささかの反省も、アジアの人たちへの加害者としての最低限の自覚も読み取れない、この手のあっけらかんとした『成功』物語にはいささか鼻白む想いです」と語っているが、その通りだろう。山本は東大闘争で敗れ、大学と官僚機構や民間との癒着が止められなかったとする。その結果、「3.11の破局を防げなかった」と振り返る。戦時下から続く、科学技術で「富国強兵→経済成長」の流れは、原発を制御できない時点で「決定的に見直しが迫られている」といい、共感すべき指摘だ。経済成長を謳歌するベトナムにいて、経済成長に囚われず、新たな価値観を持って日本は進めるのか。子どもを持つ親として、親世代の責任は重い。

レビュー投稿日
2016年5月3日
読了日
2016年5月3日
本棚登録日
2016年5月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『私の1960年代』のレビューをもっとみる

『私の1960年代』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする