日本の若者は不幸じゃない (ソフトバンク新書)

3.25
  • (4)
  • (11)
  • (12)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 150
レビュー : 18
ホースケさん 社会   読み終わった 

アキバのメイド喫茶の立ち上げ、アニメの聖地巡礼など紹介し、楽しめる居場所を持つ若者は不幸じゃないという。 本屋で新書のこの本を見たとき、ものすごくイラっとしたのでつい買ってしまったのだ。

ある一定数をカテゴライズして一括りにして「この集団はこうである」とするのに反感を感じる。そんなの、10人いれば10人とも思ってること違うじゃん。そう単純化して○○系とまとめるやり方がムカつく。「若者は不幸じゃない」じゃなくて、日本の若者である私は不幸じゃない、だよ。

ブータン王国が国民幸福度指数なんてもんを提唱したが幸福なんて計れるものじゃない。結局は金だからGDPで幸福の目安としましょうという本もあった。最近腑に落ちたのは「他人との差によって幸福か不幸かが表面化する」というもの。なるほど。全てが人と同じなら幸か不幸かもないのだ。

これに加えて、幸福か不幸かは本人の絶対的価値によるものだと思う。私は幸福です。私は不幸ですと思っていたら、それはそうなんだろう。だから日本の若者は不幸じゃないと言われても、そんなこと言われたかねぇよ、バーカとなるわけなのであった。

レビュー投稿日
2011年11月21日
読了日
2011年11月11日
本棚登録日
2011年11月11日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本の若者は不幸じゃない (ソフトバンク...』のレビューをもっとみる

『日本の若者は不幸じゃない (ソフトバンク新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする