おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)

3.43
  • (193)
  • (305)
  • (898)
  • (50)
  • (6)
本棚登録 : 3056
レビュー : 184
著者 :
制作 : 志田 正重 
わたあめさん 作家ま行   読み終わった 

あー、星野りつ子さんが苦手だ。
大体の恋愛小説で素直に主人公を応援してしまう私は、主人公を邪魔する者が鬱陶しく感じる。
最初に出てきた時にりつ子さんはライバルになると分かったから、それ故に意識しないようにしていたのに、やはり苦手。
勝利ももっと危機感を持ってくれたら・・・と思うけど、逆に何も意識していないからなのかも。

それにしても勝利とかれんの会話が可愛い。かれんは24にしては少女のような喋り方をするし、勝利は未成年と思えないほど懐が深くよく気が利く。こんな素直に気持ちを伝える男の子、いるのかな。

鴨川旅行の場面が好き。特に海で泳ぐところ。全部がきゅんきゅんする。
ペンションで「和泉かれん」と書いた勝利。かれんのことを思いやって行動していることがよく分かった。

20170706

レビュー投稿日
2017年7月6日
読了日
2017年7月6日
本棚登録日
2017年7月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の...』のレビューをもっとみる

『おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)』にわたあめさんがつけたタグ

ツイートする