東亰異聞 (新潮文庫)

3.64
  • (421)
  • (487)
  • (934)
  • (71)
  • (16)
本棚登録 : 3769
レビュー : 420
著者 :
わたあめさん 作家あ行   読み終わった 

初めは堅苦しい昔話なのかなと思っていた。でも数ページ読むともういつの間にかこの世界にハマっていた。
何が引っかかったかと言うと、妖怪の仕業だと思われた出来事がどうやら人間が起こしたらしいということ。ありえないような事に、トリックが隠されている。

「東亰」は一応パラレルワールドの設定だけど、明治まっただ中のクラシカルな雰囲気が好き。瓦斯灯、読売り、十二階、迷途、華族、パノラマ館、御一新等々。今では使わない通じない言葉ばかりで、例えば十二階にはこの時代にエレベーターが使われていたり、チロー館なんていう鏡の迷路があったりと、知らないことも多くて色々調べるのが楽しかった。

途中からは華族の相続争いに移り、私は常と直のどちらの味方でもあったのに、その二人が一連の騒動を起こしていたなんて。兄弟を想い合う純粋さはあるけれど、何の関係もない周りの者を巻き込む手段を取ってしまった為に闇に堕ちた。何かを手に入れる為に何かを犠牲にしてしまうと、そのしわ寄せが必ずくる。こんな結末になるなら他にも方法があったのではと思う。

後半、万造の怒涛の推理が特に面白かった。
桜の描写が綺麗で、特に常さんの周りで散る桜が悲しいほどに印象深い。

天皇崩御からの百鬼夜行、万造の正体や東亰の水没は私にとってはあまり重要でないと思われる事だった。廃仏毀釈はいただけないが、新しい文化を取り入れ、合理的な考えを持つことも日本にとって必要だったのではと思う。

現実の日本はこれから大正、昭和、平成と激動の時代がやってくる。東亰の人々が妖怪に襲われることを強盗や病に襲われるようなものと考えたように、もしかしたら人が起こす事件や出来事は、妖怪が蠢く世界と同じぐらい厄介で、恐ろしい闇なのかもしれない。

所々に十二国記ぽさを感じた。小野先生大好き。

20170312

レビュー投稿日
2017年3月13日
読了日
2017年3月12日
本棚登録日
2017年3月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『東亰異聞 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『東亰異聞 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『東亰異聞 (新潮文庫)』にわたあめさんがつけたタグ

ツイートする