忘れられた巨人

3.60
  • (76)
  • (137)
  • (135)
  • (25)
  • (15)
本棚登録 : 1447
レビュー : 188
制作 : Kazuo Ishiguro  土屋 政雄 
hokkaidoさん 海外文学   読み終わった 

これまで邦訳されたものは全て読んでいるカズオ・イシグロの最新作。作品ごとにテーマが異なるのは彼の作品の一つの特徴だが、今回はイギリス中世を舞台にした歴史ファンタジーという点に驚かされた。鬼や竜が登場し、アーサー王伝説を下敷きにした騎士が活躍するというこれまでの彼の作品世界からはかけ離れたものであったが、読み進めればいつもの彼の文学世界に浸ることができる。

彼が得意とする「信頼できない語り手」の文学技法は、登場人物数名の一人称で語られる本作でも健在であり、主人公の老夫婦の語り口を怪しみながら、どのような結末になるのかを期待するのは、彼らの作品の大きな楽しみ方であるように思う。

大傑作『私を離さないで』のような衝撃的な結末ではないが、序盤に張られた伏線が結末で解きほぐされ、じんわりとした暖かさを与えてくれる佳作。

レビュー投稿日
2015年7月1日
読了日
2015年7月1日
本棚登録日
2015年6月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『忘れられた巨人』のレビューをもっとみる

『忘れられた巨人』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする