魔法の夜

3.57
  • (7)
  • (12)
  • (11)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 273
レビュー : 22
制作 : 柴田 元幸 
hokkaidoさん 海外文学   読み終わった 

「小説の魔術師」といっても良いくらい、幻惑的な世界を作り上げることにて定評があるスティーブン・ミルハウザーの中編作。翻訳はもちろん柴田元幸先生。

「月の光でお読みください」と書かれた帯のコメント通り、真夏の夜を舞台に、家をそっと抜け出して街中を徘徊する少女、静かに動き出す人形たち、密かに動くマネキンの女性とその美しさに恋をする男、深夜に茶会を繰り広げる中年ニートと彼の同級生の母親の奇妙な邂逅・・・など、それぞれの登場人物が過ごす真夏の一夜の様子が幻惑的に描かれる。

ふと、自分が最後に真夏の夜を徘徊したのがいつだったかを思い出し、そのちょっとした冒険をまたしたくなる気持ちになってくる。

レビュー投稿日
2018年2月25日
読了日
2018年2月22日
本棚登録日
2018年2月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『魔法の夜』のレビューをもっとみる

『魔法の夜』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする