hokkaidoさん エッセイ・随筆   読み終わった 

二度と行けないあの店での食事ーそれをNeverland Dinerと名付け、エッセイスト・編集者・作家など100人・100軒の記憶を都築響一が編集した一冊。

都築響一の人脈の広さ故か、本書に登場するのは俵万智、いしいけんじ、水道橋博士、土岐麻子、高野秀行、村田沙耶香、大竹伸朗などと幅広い(ただ、編集者なども名を連ねているため、こうした著名人は全体の割合からすれば多くはない)。著名であるかどうかに関わらず、記憶を頼りに忘れられない店での食事を思い出す各自の追想は切ないものもあれば、面白おかしいものあり、自分にとっての店はどこだろう、とつい考えてしまう。

レビュー投稿日
2021年1月30日
読了日
2021年1月30日
本棚登録日
2021年1月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Neverland Diner――二度と...』のレビューをもっとみる

『Neverland Diner――二度と行けないあの店で』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする