魔法少女リリカルなのはViVid (16) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
制作 : 都築真紀 
  • KADOKAWA/角川書店 (2016年4月22日発売)
3.77
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 115
感想 : 4
4

新たな出会いや今後の課題を見つけたり、自分の体や魔力資質が格闘向けじゃない事を自覚しながら格闘戦技にこだわるヴィヴィオに老師が提案した「賭け」で、ヴィヴィオが死の恐怖を乗り越え神眼の領域に踏み込んだりと色々あったルーフェン旅行編も終わり新展開へ。

時空管理局が二ヶ月後に行う戦技披露会で、航空戦技教導隊エースコンビの娘&弟子であるヴィヴィオとミウラにエキシビションマッチの打診が来て、ミウラへのリベンジを望むヴィヴィオと前回の勝利に納得がいかなくて再戦を望むミウラは快諾。

そしてヴィヴィオはミウラに勝てたら賞品として、憧れであり目標でもある母親、なのはとの試合を要望する。


ついにきたヴィヴィオとなのはの親子対決だが、やるとしたら終盤かなって思っていたけど、アインハルトとの聖王と覇王の話も一応は決着が着いたしもう終わりが近いのだろうか。

エキシビションマッチはヴィヴィオVSミウラだけじゃなく集団戦とかもやるようだから、インターミドル組やルーフェン組も混ぜてやるなら、某ソードマスター並に省略でもしない限りは結構長引きそうだから、もし親子対決で完結だとしてもすぐに終わりはなさそうかな。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: マンガ
感想投稿日 : 2016年5月3日
読了日 : 2016年4月30日
本棚登録日 : 2016年3月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする