探偵チームKZ事件ノート 天使が知っている (講談社青い鳥文庫)

4.41
  • (15)
  • (9)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 3
著者 :
ユイさん  未設定  読み終わった 

思い出したように読み進めてるKZシリーズやけど、面白いよ!
そして今回は、彩ちゃんの話じゃなくて、スイスへ単身渡って目の手術をしてきた上杉クンのお話でした。

せやから、タイトルがいつもとちょっと違うのね。
冒頭で著者が「お知らせ」してくれるまで全然気づかなかったけれど、

う、え、す、ぎ、クーーーーーーーン!!

ちゅうお話でした。(´ω`*)

(手術のために)単身でスイスへ行って事件に巻き込まれる・・・なんて、めっちゃ藤本氏設定やな!
マルグリットのセリフが「いかにも外国の言葉を訳している」みたいな分かりにくい表現の仕方やったりしたのも、なんか「ここは日本じゃないのか!」と、思わせられるわ。


などなど、ニヤニヤして読んだけれど、内容はわりとアッサリしてた。

アッサリしてるけれど、KZらしく事件も起きて、知能と体力でそれを解決し、また、手術へ踏み切るまでの上杉クンの逡巡もちゃんと書かれていて、面白かったです。

(私が小学生のときに読んでいたマリナシリーズに比べると)若干あっさりしているような気がするのは、あれか。読んでいる年齢が年齢やからか。

それにしても上杉クンのキャラがつかめないわー。
キャラがつかめないといえば若竹や彩ちゃんもつかめないけど、今回の上杉クンはいつものクールぶりはどこへ行ったんっちゅうくらい、普通の中学生やった・・・。

主治医の先生の名前が「マクドナルド」やったらバーガーを連想してみたり、スコットランドのキルトに違和感を感じたり・・・。
そういうところはさらっと流すのかと思ったら、上杉クンもひっかかるんや・・・。
いつものKZなら、上杉クンがどうのこうのいう前に彩ちゃんや若竹がこういうのにチャチャをいれるからわかりにくかったけど、そうか、上杉クンも・・・。

ここに彩ちゃんがいたら、
「ガキね」
とか、言われそう(笑)。

そう考えるとやっぱり、KZで「ガキじゃない」のは、黒木クンと小塚クンだけなのか・・・(笑)。
だって出国前の上杉クンとの電話も、すっごい、よかったもんなあ。
二人とも「上手に言うなあ」っていう表現の励まし方で、すてきやった・・・。

あと、上杉クンの「忍者マニア」な(笑)!
これは地味にツボッた。そうか、忍者が好きか。ええね。
似合うわ。
彼の数学好きも忍者の影響を受けてのことらしくて、忍者って数学を使ってはったんか~。
へえ、それは、知らなかったな。


しかし上杉クンが最後にミシェルを抱きしめて
「ん、俺もだよ!」
っていうところなんかもうどうこれ。将来的に上杉クンとミシェルは恋に落ちたな・・・、とか、思ったわ。
年の差婚。上杉クンがミシェルを好みに育ててやな・・・とか・・・(笑)。

いやいや、上杉クンは彩ちゃんともびみょうな距離感でしたよね。
あのときも天使絡みで彩ちゃんに甘えてたんやけど・・・。何やろう、天使は上杉クンのテーマなのか。


彩ちゃんモノローグやと、自信がさすぎるというかややひくつなところが目に付くんやけど、上杉クンはさすが

「自分が正しいって信じてるから、どう言われても構わない」

っていうポリシーなので、読んでいても気持ちがよかった。

これは、私自身がひくつというか、自信がなくてうじうじしてるので、彩ちゃんは似すぎていて読みづらいんかもしれへんわ。
やっぱり、小説はこうやって「なりたい自分」が活躍してくれてるほうが面白いよね。

上杉クンだってこの状況はなかなか受け入れられないようで、しょっぱなの数章は
「なんで、オレがこんな目に遭わないといけないのか、納得できない」
というような言葉がたくさんあったのに、それがだんだんと変わっていくのね。

「もしかして自分も荒れてて、物事を悪いように捉えているのかも」

と、気づくところは、だからどうっていう結論がないのが、却って、いいな、って。

確かに上杉クンは荒れてたかもしれへんけど、それは彼にとっても「事実」な、だけで、だったらこうしよう、っていう「事実」だけやねんな。
そんなふうに考えてしまっていた(過去の)自分に対して、誰を傷つけたとか迷惑かけたとか、そんなことはいちいち考えないんやなあ、と、思った。

やっぱり、私の考えることっていちいち無駄なのかも。笑

反省はしたほうがいいやろうけど、それは次にいかすためのものやもんね。
ほんで、すべての出来事を拾い上げて反省して次にいかそうとしても、それも欲張りすぎかも・・・。

黒木クンと小塚クンの励まし方だってそう。
こういうたら上杉クン本人がどう思うか、よりも、自分が伝えたいことを伝えたというその信頼関係ももちろんいいなと思うし、信頼関係を結ぼうと思ったら、自分をしっかり持っていないとあかんもんね。

とりあえず、まんべんなく、なんとなく、その場しのぎで、流れればいいや、と、いう気持ちでは、見た目はうまくいってるかもしれなくても、それは見た目だけなんやなあ。

それでいいということも世の中にはもちろんあるけど、そういうことを
「無責任」
と、いうのだと最近知りました。@40才


生きるか死ぬかの病気なんかに比べたら、今の私の境遇なんて笑っちゃうようなもんだけれど、それでもやっぱり、受け入れたくない、避けたい、逃げたい。放り投げたいって、いまだに思ってる。

往生際が悪いなあ。
向き合っていかなきゃいけないのにね。

でも、こんなにもひとつのことを考えてるのも久しぶりだ。ほしたらだんだん見えてくるものがある。
やっぱり、人って、「わからないもの」が一番怖いんやな。私はこの先がどうなるかわからないから、怖い。ひとつずつぶつかっていったら、
「案外、こんなもんやったのか」
と、思えたらいいなと思う。ぶつかっていく勇気がいる。笑顔でぶつかっていける勇気がいる。


ところで、「大空と」は東大で「若き血」は京大ですか。

(調べろと)

(2017.01.09)

レビュー投稿日
2017年4月8日
読了日
2017年1月9日
本棚登録日
2017年4月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『探偵チームKZ事件ノート 天使が知ってい...』のレビューをもっとみる

『探偵チームKZ事件ノート 天使が知っている (講談社青い鳥文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする