そらいろのたね

3.90
  • (239)
  • (196)
  • (290)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 1961
レビュー : 201
制作 : おおむら ゆりこ 
holo-holoさん 絵本   読み終わった 

ある日、森のキツネに頼まれて、
模型飛行機と「そらいろのたね」を交換したゆうじは、
家に帰って庭に種を埋めました。
すると次の日、土の中から豆粒大の空色の家が生えてきました。
空色の家は少しずつ大きくなっていき、
いろんな動物が住むようになりました。
やがてゆうじや友達も家に入れるようになり、
お城のような立派な家ができました。
するとそこに森のキツネがやってきて…

「おうちが生える」という発想がまず面白くて、
「そのおうちを育てる」という展開にワクワクしていたので、
最後はすごく残念で寂しい気持ちになりました。
みんなが仲良くできるのなら、
やっぱりそっちの方がいいなぁ。

同じ作者ということで、
「ぐ○ と ぐ○」が小さく友情出演していますよ。
そちらも要チェックです。

レビュー投稿日
2013年1月30日
読了日
2013年1月30日
本棚登録日
2013年1月30日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『そらいろのたね』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする