くものすおやぶん ほとけのさばき (こどものとも絵本)

3.96
  • (17)
  • (17)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 194
レビュー : 24
著者 :
holo-holoさん 絵本   読み終わった 

虫の町の、くものす親分ことオニグモのあみぞうと、
一の子分のハエトリのぴょんきちは、
つくつく寺の仏像を盗もうとした犯人を捜すことになりました。
親分は仏像に変装したぴょんきちを使ったおとり捜査で
犯人のねぐらを突き止めます。
たどり着いた先は、荒れ寺と化したみんみん寺。
仏像泥棒の正体は、ミンミンゼミの幼虫たちでした。
ミンミンゼミたちが親分に話した事情とは…
そして、親分の裁きはいかに…!?

虫の町のお寺は、
和尚さんはもちろん、門の提灯も仁王像も
本堂の仏さまもみーんな虫です。
くものす親分の推理や糸さばき、
ぴょんきちの体を張った活躍ぶり、
つくつく和尚の袈裟姿やツクツクボウシの幼虫の小僧姿。
見ごたえたっぷりの時代劇絵本です。

レビュー投稿日
2013年11月22日
読了日
2013年11月22日
本棚登録日
2013年11月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『くものすおやぶん ほとけのさばき (こど...』のレビューをもっとみる

ツイートする