小暮写眞館 (書き下ろし100冊)

3.86
  • (493)
  • (750)
  • (499)
  • (82)
  • (28)
本棚登録 : 4690
レビュー : 756
著者 :
本野祭さん 小説   読み終わった 

分厚いのに全く長さを感じさせない連作中編集。ファンタジーやミステリーも良いけど、宮部さんのこういう話をずーっと読みたかったので大満足です。本文読了して、表紙の写真を見返すとじんわりとこみ上げてくるものがあります。また会えるといいな。出会ってほしいな。
いつものことながら、目には見えない人の心の、瞬間の感情の襞をすくい上げるのがほんとに上手いです。読んでて何度もざわっとなりました。もし、もしも漫画化されるとしたら、羽海野チカさんで見てみたいです。とくにテンコくんやクモテツの面々を。

レビュー投稿日
2010年6月13日
読了日
2010年6月13日
本棚登録日
2010年6月13日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小暮写眞館 (書き下ろし100冊)』のレビューをもっとみる

『小暮写眞館 (書き下ろし100冊)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『小暮写眞館 (書き下ろし100冊)』に本野祭さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする