散り椿 (角川文庫)

4.12
  • (50)
  • (71)
  • (25)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 463
レビュー : 63
著者 :
hongoh-遊民さん 時代小説   読み終わった 

時代小説で定番ともいえるお家騒動が背景。
さらに、男同士の友情と、彼らが想いを寄せる一人の女性。これもよくあるパターンだけれども、著者は、叙情豊かに美しく一編の詩の如くに、物語を紡ぎだした。
人が人を想う気持ちと、それが相手に伝わらず、それでもそれぞれが誠実に生きようと葛藤する人々。
現代を舞台にしたら、陳腐となってしまいかねない設定も、時代小説では、切なく美しい物語となる。
やっぱり、時代小説って、いいですねえ。

レビュー投稿日
2018年8月24日
読了日
2018年8月24日
本棚登録日
2018年8月24日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『散り椿 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『散り椿 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『散り椿 (角川文庫)』にhongoh-遊民さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする