凍りのくじら (講談社文庫)

4.03
  • (1629)
  • (1747)
  • (1071)
  • (165)
  • (34)
本棚登録 : 12975
レビュー : 1581
著者 :
hongoh-遊民さん 現代小説   読み終わった 

ブクログのどなたかのレビューを見て興味を持った、辻村深月の初読。
藤子・F・不二雄へのオマージュ…大事なことは、全て『ドラえもん』と藤子先生から教わった…といえばいいか、
現代女子高校生への応援歌…痛かったら泣いて、苦しかったら、助けてって言っちゃえばいいんだよ。きっと誰かがどうにか、力を貸してくれる。もう嫌だって、逃げちゃえば、いいんだよ。そうすることだって、できるんだよ…といえばいいのか。
文庫本568頁も思いのほか、すんなりと読み終えた。
少し、ファンタスティック!

レビュー投稿日
2014年7月20日
読了日
2014年7月20日
本棚登録日
2014年6月12日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『凍りのくじら (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『凍りのくじら (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『凍りのくじら (講談社文庫)』にhongoh-遊民さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする