冬姫 (集英社文庫)

3.50
  • (20)
  • (30)
  • (45)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 313
レビュー : 42
著者 :
hongoh-遊民さん 時代小説   読み終わった 

史実とフィクションとを織り交ぜながら、女人の観点から織田豊臣時代を描いた歴史スペクタクルといえようか。
信長の二女で、蒲生氏郷に嫁いだ冬姫が、従者の助けを借りながら、敵対する勢力と、「女いくさ」を仕掛け、自らの運命を切り開いてゆく。
どこまでが史実で、どこからがフィクションか、それを楽しみながら、時代小説の面白さと、歴史小説の醍醐味を味わえる。

レビュー投稿日
2015年8月4日
読了日
2015年8月3日
本棚登録日
2015年8月4日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『冬姫 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『冬姫 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『冬姫 (集英社文庫)』にhongoh-遊民さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする