大地の子 一 (文春文庫)

4.10
  • (462)
  • (258)
  • (340)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 2476
レビュー : 261
著者 :
hongoh-遊民さん 反戦小説   読み終わった 

先頃放送されたテレビドラマ『レッドクロス』に触発されて、山崎豊子女史の労作、本書を手に取る。
残留孤児、日本人であるがため、中国社会ではこれ程の辛酸と屈辱を受け入れなければならないのか。主人公陸一心の過酷な運命は、まだ第1巻。
今後、どのような人生が待っているのか、読み進めるのが苦痛にさえなってくる。

「すべて事実に基づいて再構成したフィクションである」この作品を読み、改めて旧日本軍の蛮行ばかりでなく、さらにあの苛烈な文化大革命と政治闘争が、現在の中国の民衆に大きな傷跡を残しているのだと、考えずにはいられない。

レビュー投稿日
2015年8月30日
読了日
2015年8月21日
本棚登録日
2015年8月21日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『大地の子 一 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『大地の子 一 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『大地の子 一 (文春文庫)』にhongoh-遊民さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする