キネマの神様 (文春文庫)

4.28
  • (908)
  • (715)
  • (256)
  • (44)
  • (8)
本棚登録 : 5886
レビュー : 775
著者 :
hongoh-遊民さん 現代小説   読み終わった 

ここ数年映画館に行ったこともなく、紙に書かれた文字をひたすら追っている身にとっても、この作品を読むと、映画の魅力が迫ってくる。
映画を愛する人々の思いが詰まっており、映画ファンなら、作中に出てくる映画の題名を見つけるだけで、もう満足の境地ではないか。
それにしても、原田マハのフィールドワークのひろさには、感心してしまう。「楽園のカンヴァス」等で、美術関係の知識の深さに、驚いたばかりなのに、映画にも並々ならぬ造詣を持っている。
今後どういった分野を、作品に見せてくれるか、楽しみである。

レビュー投稿日
2014年1月19日
読了日
2014年1月18日
本棚登録日
2013年10月8日
10
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『キネマの神様 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『キネマの神様 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『キネマの神様 (文春文庫)』にhongoh-遊民さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする