江戸の備忘録 (文春文庫)

3.81
  • (14)
  • (42)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 317
レビュー : 31
著者 :
hongoh-遊民さん 歴史エッセイ   読み終わった 

歴史好きには見逃せない、戦国末期から幕末までを網羅した歴史随筆集。
江戸城無血開城をめぐる西郷隆盛と勝海舟との会談の裏には、西郷に決断を促した女性(78歳の尼さん)の存在があったとか。
幕末の発明王からくり儀右衛門が西洋に生まれていたら、天才工学者として、名をの残していただろうとか。
歴史教科書には記されない逸話の数々。
歴史的事実を述べながら、現代にちくり一言も。
江戸時代の寺子屋教育は、子供が能動的に自分の手と口を動かして成り立つ「手と口の学び」であった。しかし、現代は「目と耳の学び」であり、自分で勝手にやる創造的な人間や発想は生まれにくくなっていると。

レビュー投稿日
2017年2月3日
読了日
2017年2月2日
本棚登録日
2017年2月3日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『江戸の備忘録 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『江戸の備忘録 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『江戸の備忘録 (文春文庫)』にhongoh-遊民さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする