山月記

著者 :
  • 青空文庫 (1997年7月7日発売)
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 2
3

能力がありながら、人間関係を重視せず、さらに努力も足りなかったことが理由で、大成できずにトラに落ちぶれた者を描いている。中国が舞台。耳が痛い話である。こういった戒めの話は日本人には受け入れられやすい。しかし、昨今の日本人に必要なのは、むしろ、だまされない警戒心を磨くことだろう。日本人の多くは妨害されてもそのことが見破れない。デマに対する警戒心が薄いからだ。この主人公は大変人間的にも優れていたにもかかわらず、様々なデマと妨害により人間関係が壊された被害者なのかもしれない。特に複数犯による口車を合わせた妨害デマのときは、本人さえ妨害されていることに気づかないこともあるだろう。演出して作られた事実を本当の事実と思わされてしまうケースだ。第三者ならなおさらである。そういった陰謀に対する耐性や警戒心も必要なのだが、それが欠如しているのが日本である。だから、悪人は陰謀し放題。まずばれないのだから。イジメや足の引っ張りが絶えないのもここに大きな理由があるだろう。イジメもまずばれないし、第三者も証拠がないと関わらないのだから、イジメの疑いがあるときにいじめっこに釘を差すという発想さえも出てこない。そういった点をよくよく考えないといけない時期に日本はさしかかっているのだろう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学小説
感想投稿日 : 2012年12月15日
読了日 : 2012年12月15日
本棚登録日 : 2012年12月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする