人質カノン (文春文庫)

3.18
  • (107)
  • (333)
  • (1498)
  • (138)
  • (15)
本棚登録 : 4557
レビュー : 381
著者 :
honkokorogakuさん  未設定  読み終わった 

宮部みゆきの短編集。読みやすく、個々の話しもそれぞれの主人公の思いを上手く描かれており、楽しく読めた。コンビニ強盗にまきこまれOL を通して特殊なコンビニでの人間関係を描いた表題作。にこやかに語る復讐の十年計画。電車で拾った手帳から青年がバツイチ女性の思いを知り、人生に向き合う過去の手帖。事故で片足を失い、生きる意味に希望を失なった少年がお祖父さんの過去を知り、知らないことを知ることに生きる意味を見いだす八月の雪。探偵を営む主人公に相談にきた少年に思いをはせる過ぎたこと。自殺願望のOLがいじめにあっている少年と夜中の学校を探検し、お化けの怖さに生きていることを認識する生者の特権。マンションの部屋を売りたい主婦が水漏れ被害から知り合った裕福な女性に複雑な心境を持つがその秘密が明らかになる。揺れる気持ち。全七編。

レビュー投稿日
2017年8月18日
読了日
2017年8月18日
本棚登録日
2017年8月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『人質カノン (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『人質カノン (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする