マチウ書試論・転向論 (講談社文芸文庫)

3.85
  • (13)
  • (9)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 190
レビュー : 16
著者 :
HOBOさん 思想   読み終わった 

この本の内容を理解したとは言えませんが、間違いなく私に大きな影響を与えた本でしたので、登録しました。『マチウ書試論』。原始キリスト教とユダヤ教という二つの異なる宗教は、共に聖書を原典として出発した宗教です。しかし、この二つの宗教は激しく対立していました。何故出発点が同じ宗教なのに対立が起きてしまうのか。吉本さんは「関係の絶対性」というモチーフをもとに「試論」を展開していきます。思想や人間関係がもつ党派性について考えを深めることができた一冊。

レビュー投稿日
2010年9月19日
読了日
2010年9月19日
本棚登録日
2010年9月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『マチウ書試論・転向論 (講談社文芸文庫)』のレビューをもっとみる

『マチウ書試論・転向論 (講談社文芸文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『マチウ書試論・転向論 (講談社文芸文庫)』にHOBOさんがつけたタグ

ツイートする