どこでもないところで - 河野裕子エッセイ・コレクション*** (河野裕子エッセイ・コレクション 3)

著者 :
  • 中央公論新社 (2014年10月24日発売)
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 2
5

河野裕子さんの没後に刊行されたエッセイ集・全3巻の3巻目。1~2巻目よりも歌論の話が多い。とくに、病床にいながらも野心多き子規と彼を支える母妹を描いた「家長子規」は雄編と思う。子規の妹・律は子規の没後、共立女子職業学校に入学し、さらには教員になったそうだ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年12月31日
読了日 : 2021年12月28日
本棚登録日 : 2021年12月28日

みんなの感想をみる

ツイートする