世代間格差ってなんだ (PHP新書 678)

3.49
  • (8)
  • (19)
  • (27)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 244
レビュー : 27
ざわわさん 新書   読み終わった 

近年取りざたされている年金問題、これは何も高齢者に限ったことではなく、むしろ私たち若者世代にも重要な課題であると言える。本書ではまず日本の現状や世界との比較を行ったうえで、それぞれ著者が独自の提言を行っている。
提言の中には読んでいて非現実的ではないかと疑いを持つようなものもあったが、全編を通してとてもおもいしろい内容だった。
それぞれの内容は良いとして、この本を読んで思ったことは、若者である私たちはもっと政治に興味を持って積極的に参加していかなければ何も変わらないということである。読み始めてすぐまえがきに書いてあった、「どんなに不利益な政策を実施されても、一言の文句も言わない連中がいるんだ。それは若者さ」という文句が全編を通して読んだ後に強烈に思い返される。この本を読めば少なくとももっと興味を持って世の中の仕組みを理解したいと思えるような内容になっている。

レビュー投稿日
2012年1月9日
読了日
-
本棚登録日
2012年1月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『世代間格差ってなんだ (PHP新書 67...』のレビューをもっとみる

『世代間格差ってなんだ (PHP新書 678)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする