華麗なる一族(中) (新潮文庫)

3.74
  • (210)
  • (248)
  • (376)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 2241
レビュー : 127
著者 :
horinagaumezoさん  未設定  読み終わった 

阪神銀行のオーナー頭取にして万俵財閥の総帥である万俵大介を中心とした万俵家をめぐる物語。長男が実質的に経営する特殊鋼会社を犠牲にしての「小が大を食う」銀行合併、妻妾同衾の乱れた私生活、次々と不幸を招く閨閥結婚など、「華麗なる一族」の裏のドロドロとしつつも深い人間ドラマが描かれている。
全3巻とボリュームは結構あるが、一人一人の登場人物のキャラクターが立っていて、その濃い人間模様の描写に惹き込まれた。正直、「華麗なる一族」に生まれなくてよかったと感じた。

レビュー投稿日
2017年10月3日
読了日
2011年3月16日
本棚登録日
2017年10月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『華麗なる一族(中) (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『華麗なる一族(中) (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする