最低で最高の本屋 (集英社文庫)

3.50
  • (40)
  • (75)
  • (77)
  • (27)
  • (7)
本棚登録 : 962
レビュー : 88
著者 :
ほしさん エッセイ   読み終わった 

一行目の『就職しないで生きるには』は以前から気になる本のひとつで、それがひっかかって購入。著者がまさか『暮しの手帖』編集長だったとは知りませんでした。「ヒント集」がすきで、たまに本屋さんでぱらぱらめくったりしていたのでなんだかうれしかった。だけどあまりにもやさしい文章だったから、読むのが途中でつらくなりました。経験してきた様々な思いや出来事が積み重なって「松浦弥太郎」を創っているなら、わたしはこんな人間にはなれない(でも、なりたいと思う)。高校中退後の日々の葛藤や小さな営みから今に至るまではたぶんすごくつらいものであったと思うのに、読んでるわたしを叱ってくれなかった。ただひたすらにやさしくて、だけど意志のある文章だと思った。

レビュー投稿日
2012年10月28日
読了日
2012年10月28日
本棚登録日
2012年10月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『最低で最高の本屋 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『最低で最高の本屋 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする