新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)

4.14
  • (63)
  • (59)
  • (38)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 625
レビュー : 57
制作 : 山室 静  冨原 眞弓 
hoshisato3さん  未設定  読み終わった 

冬眠中のムーミントロールは、まだ真冬なのにどういうわけか目が覚めてしまって、冬眠を続けられなくなってしまう。ムーミントロールが初めて経験する冬。それは北欧ならではの厳しさと孤独感と神秘に満ちた冬の様子で、私達アジア圏で経験する冬ともひと味もふた味もまたちがう。ムーミントロールと一緒になって、初めての冬を過ごすかの様になにもかもが新鮮だ。文章が寝床で聞く母親の物語のように暖かく美しい。ムーミントロール悩みや驚きや感動、 悲しいエピソードも静かに心に染み込んでくる。冬を乗り越えていく希望と勇気を分けてもらえる。真冬のような試練もかならず明るい春の日差しを浴びき希望に変わっていくことをしみじみと感じた。

レビュー投稿日
2014年1月14日
読了日
2014年1月14日
本棚登録日
2014年1月9日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする