幾千の夜、昨日の月

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年12月27日発売)
3.42
  • (16)
  • (67)
  • (77)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 461
感想 : 86
4

旅にしろ引っ越しにしろ,作者の拘っているのは宇宙の中の孤独といっていいような存在の頼りなさ,不安感ではないだろうか.それが旅先でより強くせまってくるということではないのかなと感じた.たくさんの旅のエッセーでもより心に残るのは夜に関するものだった.

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: エッセー・評論・対談・日記
感想投稿日 : 2017年1月17日
読了日 : 2017年1月17日
本棚登録日 : 2017年1月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする