女生徒 (角川文庫)

4.16
  • (170)
  • (119)
  • (83)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 1735
レビュー : 139
著者 :
制作 : くまおり 純 
放浪金魚さん 日本文学   読み終わった 

手癖の悪い女学生、死期が間近に迫った妹を持つ姉、夫に対し嫌気が差した妻、自信家でオレ様な兄を持つ妹、意見が言えず気苦労の多い主人を持つ家政婦-様々な立場にある”女性”の告白体で書かれた14の短編集。

どの作品も惹かれるものばかりだったけれど、表題の作品『女生徒』では、思春期ならではの多感な少女の心情が生き生きと描かれている。大人に近づく歯がゆさ、母親との距離感、周囲への反発、自分が何者か不透明な虚無感。周りの全てが煩わしいと思っているかと思えば、次の瞬間美しい夕空を見上げて感動する。そんな気持ちのムラが奔放で、旺盛で、まぶしく見えた。

太宰治作品の印象を覆すも良し。女って良いなぁと、ほくそ笑むも良し。魅力的な1冊でした。

レビュー投稿日
2013年6月19日
読了日
2013年12月17日
本棚登録日
2013年5月29日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女生徒 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『女生徒 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『女生徒 (角川文庫)』に放浪金魚さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする