少女地獄 (角川文庫)

3.67
  • (324)
  • (454)
  • (728)
  • (45)
  • (7)
本棚登録 : 4369
レビュー : 400
著者 :
放浪金魚さん 日本文学   読み終わった 

短編集。『少女地獄』が読みたくて。
可憐で看護師として天才的な手腕を見せる少女・姫草ユリ子。「無鉄砲とも無茶苦茶とも形容の出来ない一種の虚構の天才である彼女」は嘘を嘘で重ね、言い逃れのできないところまで突き進んでいきます。

医師で語り手の白杵もその妻も、彼女に惑わされ混乱させられた言わば被害者です。しかし妻をはじめ周囲は彼女の不思議な魅力に魅せられ、怒りを見せるどころか許し世話を焼こうとします。

ユリ子のまるで悪気のない「純真無垢」な振る舞いと「天才的虚構」に読者も翻弄されます。最後まで読み、たしか冒頭で既にユリ子は……と思い出しつつも、何故か腑に落ちません。知らない土地で、小悪魔的微笑を醸しながら天真爛漫に逞しく生きる彼女をつい想像してしまいます。

レビュー投稿日
2017年7月19日
読了日
2017年7月18日
本棚登録日
2016年1月6日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『少女地獄 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『少女地獄 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『少女地獄 (角川文庫)』に放浪金魚さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする