新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

3.90
  • (1273)
  • (721)
  • (1347)
  • (95)
  • (23)
本棚登録 : 9234
レビュー : 889
著者 :
放浪金魚さん 日本文学   読み終わった 

孤独な少年ジョバンニが友人カムパネルラと銀河鉄道を旅する、言わずと知れた宮沢賢治の代表作のひとつ『銀河鉄道の夜』を表題とした宮沢賢治童話集。
銀河鉄道からの美しい情景。この世ではない別の世界で、ジョバンニは不思議な出会いを数多くする。童話ならではの柔らかさをまとう夜の狭間で繰り広げられる、残る者と去る者の考え方。犠牲とは、幸福とは、命とは―何気ないやり取りの中にはさまざまなテーマが含まれている。読むたびに「生」に対し静かに、そして真摯に向き合いたくなる。
決して手放しのハッピーエンドとはいえないけれど、不思議と温かい余韻が残る作品ばかり。表紙絵のように、宮沢賢治の作品には深い青色がよく似合う。

レビュー投稿日
2014年7月17日
読了日
2014年7月17日
本棚登録日
2014年5月31日
8
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)』に放浪金魚さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする