裏庭 (新潮文庫)

3.61
  • (669)
  • (819)
  • (1460)
  • (144)
  • (50)
本棚登録 : 6704
レビュー : 756
著者 :
放浪金魚さん 日本文学   読み終わった 

昔は英国人一家の別荘だったものの、今では荒れ放題の洋館。そこは近所の子供たちにとって絶好の遊び場となっていた。その庭を久しく避けていた少女・照美はある出来事がきっかけに洋館の秘密の「裏庭」へと入りこみ、とある声を聞くが、その声を境に照美は不思議な世界へと迷い込んでしまう。元の世界に戻るために裏の世界で出会った人々と者たちと「竜の骨」を探す旅へと出る。

テーマは「傷」。裏世界の住人たちは元いた世界の人物たちとリンクし、それぞれが傷を抱えている。旅の道中で各々は試練や葛藤を経て自身の傷と向き合っていく。「傷」は深ければ深いほど時間を掛けて自分自身で向き合うもの、そして自分で解決するもの。それは決して一人で抱え込むという意味でもなく、周囲に素直に吐き出すことで、自身も周囲も救われることがある。

レビュー投稿日
2014年5月31日
読了日
2014年5月31日
本棚登録日
2013年8月27日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『裏庭 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『裏庭 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『裏庭 (新潮文庫)』に放浪金魚さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする